看護師の年収は平均

全国において、看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給料が上がる率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。
修学旅行やツアーなどについていって、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
子供のいる既婚者は土日に休むことができたり、夜勤がない職場を希望しています。
病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考えて迅速に行動することが重要です。そして、どんな条件を重要視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。
将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望に合った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。
給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もピックアップしておきましょう。
看護師の働き先といえば、病院だと思うのが普通でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の仕事です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
高齢化が進み、福祉施設でも看護師の必要性は広がってきているのです。また、大手の会社になると看護師が医務室などにもいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を手がけています。こういった場合には、社員としてその会社や企業に入社することもあるでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ